時間は作り出せる。時間を作るために実践した7つのこと

私は時間管理が苦手です。

仕事をしていない、子供は1人、しかも幼稚園へ行かせているのに時間が足りないと思うことがよくありました。

このままではまずい!と思い、色々と試行錯誤しながら時間の使い方を変えてきた結果、徐々にコントロールができるようになってきました。今回はそのときにやってみた行動をまとめてみました。

1. Facebook、Instagramなどつい見てしまうSNSをやめてみる

私はこれが一番でかかったかも。

Facebookは元々そこまで使っていなかったけど、Instagramはもう見るのが癖になっていました。ケータイを開いたらとりあえず見る。夜中に起きてなんとなく開いてしまい、気付いたら2時間が過ぎていたとか。今思えば中毒だった。

見るだけでなく、写真の加工や投稿、友達のコメントなど、楽しいんだけど結構な時間を費やしていました。

家族といるのに投稿するためにケータイをさわっていたり、せっかくの1人時間にもせっせとコメント。。

で、ある日スパッとやめてみました!ログアウトしたってどうせ見ちゃうだろうからアカウントから全消し。

すると、、時間ができました〜!どんだけ見てたのよ私!参考にしていたし、友達の近況が知れるしと楽しんでやっていたと思っていましたが、気楽になりました。

友達の近況はタイムリーには聞けないけれど、私にはやっぱり手紙のやりとりが一番しっくりくる。大切な友人とは連絡を取り合っているし、会える楽しみも前より増した(^^)

仕事で使う人もいるだろうし、SNSとうまく付き合える方は全く問題なし。ただ、見るのが癖になっている方は思い切ってやめてみるのもオススメです。

2.  不要な付き合いを手放す

今日のランチ、今日の集まり、今日の飲み会、本当に必要でしたか?気晴らしになっていたり、自分で必要な付き合いだと思っているなら大丈夫。

でも「これもお付き合いだから」とか「あー行きたくないなぁ」と思う付き合いはそっと手放しちゃいましょう。

自分が嫌だと思っている気持ちは必ず態度や表情に出ていて、相手にバレてます。もしかしたら相手だって同じ気持ちかも。

付き合いを手放すことがお互いにとってメリットとなるかも。

3.  ながら作業をやめてみる

女性は並列処理が得意。

そのため同時に色んなことを考えたり、やったりを日常的にしています。これ、男性は意識しないとできないそう。

私も料理を作りながらリスニング教材を聞いたり、アイロンをかけながらテレビを見たりと、一緒に済ませてしまおう!と思うことが多い。

でもながら作業って実は効率がわるいんです。大事なことであればあるほど。

気持ちがどちらか半分にいっているので、結局どちらも中途半端になってしまったり、時間がかかったりする。

どちらかに集中した方が頭に入るし結果的に効率がいいです。

4.  クラウドアプリを最大限活用する

今やクラウドアプリはたくさんあります。昔はケータイを変えるときデータの移行に苦労したけど、今はログインするだけで同期してくれるので超楽だったり。

クラウドアプリを活用すれば確認に要する時間が短縮できます。必要と思ったときにすぐ見れる!

特に気に入っているのが、マイクロソフト製品の「OneNote」「OneDrive」と、スケジュール管理アプリの「ジョルテ」。

OneNoteはクラウドメモ帳、OneDriveはクラウドバックアップで、office365の有償版を使っています。

OneDriveははじめに設定しておけば、撮った写真や動画を自動でバックアップしてくれます。容量は全部で1TB。

OneNoteとジョルテのありがたいところは、家族用のデータが共有できるところ。予定の確認や必要資料の確認がすぐにできるのでかなり便利!

※家族で5台まで使える「Office 365 Home」製品は日本にはないよう。日本で使えるのは「Office 365 Solo」。参考記事 →【Office 365を選ぶ5つの理由を日本の事情に当てはめて考える】

5.  完璧にこなそうとしない

男性は7割できていればOKとするのに対し、女性は完璧にできていないと自信がもてないんだそう。細かいことだけど、私は特にキッチンまわりのお掃除の手が抜けない。。

完璧にこなそうとすれば、当然その分時間がかかります。でも「7割」と「完璧」の差は自己満足であることも多い。

私はその時々に「7割と10割、どっちの方が私にとって幸せ?」と自分に問いかけ、手を抜けるところや甘えられるところは甘えるようにしました。

6.  10分前行動をする

恥ずかしながらつい最近までギリギリの行動しかできませんでした。。

もし早めに準備ができても「時間あるし、これもやっちゃおう」と他ごとをはじめてしまい結局ギリギリ(汗)

直前まで他ごとができるからその分だけ仕事が進むかと思いきやそうでもない。ギリギリの行動は自分の気持ちに焦りが出てイライラ、ミスもしがち。

早めに行動をして余った時間は移動先で活用するのが吉!近くのカフェでリラックス、ケータイで調べもの、本を読む、考えごとをする、会う人へのちょっとした贈り物を買ってみたりと、色々できる。

早めに行動をするようになって、している作業量自体は以前と変わらないのに明らかに心に余裕が出てきました。

心に余裕ができれば、できたスペースで新しいことができたり、より深く時間を使えるようになる。

7.  睡眠時間は削らない

10分前行動に通ずるところがありますが、寝不足だとイライラしてしまうし、頭が痛くなったり体調をこわす原因にもなります。

余裕がないと自分の能力をフル活用できないし、体調をこわせば削った睡眠時間以上の痛手となることも。

また、寝不足はお肌の敵!お肌のトラブルを悩むのに時間を使うより、睡眠をしっかりとるべき。

さらに寝る30分前にはケータイをさわらないようにしています。理由は寝付きがわるくなるのと悪夢を見るから。睡眠と言っても良質な睡眠をとることが大事。よくストレッチしてリラックスした状態で眠るのがベスト!

とかエラそうなことを言ってみたものの、これがなかなか難しく、つい本やネイルなどに熱中して「ヤバいもう1時過ぎてる!」なんてなったりします(><)

もっと自分を律せるようにならねば。


以上、私の経験談です。

子育てしながら仕事をしている人や、2人、3人と育てている人の忙しさに比べたら私なんて超超へなちょこなんですが(^^;)

それでも「時間」はどの人にも24時間平等にあって、自分で使い方を選んでる。なんとなく過ごしてしまっている時間も、イヤイヤ過ごしている時間も、全て自分自身でその時間を過ごす選択をしてるんですよね。

時間は何にでも利用できるかけがえのない資本であり、投資の源泉。時間とお金は同じ性質を持っていて、余剰時間を作ることは貯金と同義。
先日読んだプレジデントにはこんなふうに書かれていて心に響きました。

心地よい時間を選択したい!


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :