2ヶ月限定!タイの高級フルーツ「マヨンチット」を食べてみた

乾期が終わり、かなり暑くなってきました。とにかく湿気がすごい(泣)いつももっとカラッとした暑さじゃなかったかなぁ?

暑くなってきたこの時期~5月頃まではマンゴーが旬ですよね(^^) 先日、同じく最近よく見かける「マヨンチット มะยงชิต」というフルーツを食べてみました。


こちらがマヨンチット。旬の時期は短く、2月中旬~4月中旬頃の2ヶ月限定です。

これ、なんと言ってもお高い!大体1袋10~15個入りで200~280バーツで売っているのをよく見かけます。エンポリアムでは1kg340バーツで売っていました。

40バーツあれば美味しいフルーツが買えるフルーツ天国でこの金額はちょっと。。でもとても美味しいと聞いて気になっていました。

見る度買おうか迷っていたのですが(笑)、フジスーパーで少量サイズ(写真の量で90バーツ)を見つけたので買ってみました!

見た目はビワ似。真ん中に種があるので、桃をむくような感じでカットしていきます。

種が大きくて実が少ないので、小さいものは皮を剥いたらそのまま口にほうりこんで、種を出すスタイルで。


さて、お味は、、酸っぱめのマンゴーだ!食感はぷるっとやわらか、桃っぽかったです。

確かにフジスーパーのパッケージにも「プラムマンゴー」と書かれていました。マンゴーと同じウルシ科で、マンゴーの親戚みたい。


パッションフルーツまでいかないけれど、結構酸味がありました。美味しかったけど、この金額なら酸っぱめのマンゴーでいいかも(笑)ただ、酸っぱめのマンゴーは実がかたいので、口当たりのよさは圧倒的にマヨンチットの勝ち。

実が大きい方が美味しいというのをネットで見たので、今度はでかいのを買ってみよう!

※ 2017年3月追記
先日もう一度買ってみたけど、より美味しかった!マンゴーと柿と桃を足して3で割ったお味に酸味を足した感じ。

大きさよりも、実が柿のようなオレンジ色で端から蜜が出ているものがオススメ。

買ったときに黄色いようだったら、常温で1~2日置いた方が美味しいかも!
(追記おわり)

この前に、市場で試食をさせてもらったのですが、それはかなり甘く柿のようなお味でした。あれは「マプラーン มะปราง」というマヨンチットに激似のフルーツだったのかな。

マプラーンの英名は「マリアンプラム」で、見た目ではマヨンチットと区別ができないほどそっくりです。旬も同じ時期。タイ人はどうやって見分けているんだろう?うっかり間違って売られてたりとかしないのかな(笑)

一年中暑いタイでもしっかり季節があり、その時々に咲く花や、旬の果物があります。

5月以降はマンゴスチン、ライチ、パッションフルーツと美味しいフルーツ目白押し~(^^)


スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :