絶品タイの生ライチ。この美味しさを日本にも届けられるのか?ライチの缶詰を食べた感想

※ 2018年4月12日 追記しました。

5月中旬~6月中旬のこの時期約1ヶ月ほどしか出回らない、生ライチ。

癖の強い南国フルーツが多い中、生ライチを嫌いな人はいないんじゃないでしょうか。

もう実をむいているときから果汁がしたたれおちて、時に飛び散るほどの水分量。やわらかで真っ白な果肉を頬張る瞬間は至福の時間(^^)

この美味しさを遠く日本にも届けることができるのか?ライチの缶詰を食べた感想を書いてみました。

ライチ基本情報


ライチは枝から離れた瞬間から鮮度が落ちるそうで、このように枝付き、葉っぱ付きで売られています。また乾燥に弱いので冷蔵庫へ入れるときはビニール袋へ入れた方がいいそうな。

買う際はとにかく実が大きくて真っ赤な色のものを!

そして夫の同僚曰く、まんまるよりも少し尖った形の方が種が小さく実が多いためお得なんだとか。

確かに食べてみるとそういう形の方が種が小さかった!房売りだから選べないけども。

ライチの種類

ライチには種類が3種類あります。

上の写真はライチの王様、ジャカパット(จักรพรรดิ)種。ジャカパットとは「皇帝」という意味で、楊貴妃が愛した果物として有名です。

実は肉厚で、びっくりするほどやわらかくジューシー。上品な香り。甘さと酸味が絶妙です!

焼肉食べ放題のデザートコーナーに置いてあった黒くて小さいライチとは全く別物!2~3まわりほどでかいです。ぽてっとまるっこくて赤い実が可愛い(^^)

売っている場所にもよりますが、スクンビット界隈だと大体1キロ80~150バーツ。クロントゥーイ市場では80バーツ/kg、木タラでは100/kgで売っていました。

ちなみにKonnichipan Bakery(こんにちパンベーカリー)へ行った帰りにすぐ近くの屋台で購入したジャカパットライチは65/kgでした。最安値!

テスコ・ロータスで購入したこちらはホンフワイ(ฮงฮวย)という種類で、1キロ45バーツでした。ジャカパット種の半値ほど!

ジャカパット種に比べて、表面が少しトゲトゲしていて小ぶりなのですぐ見分けがつきます。

こちらもとってもジューシーだけど、独特の香りがあり、冷凍ライチの香りに近いものがあります。酸味もあるけど甘みが強め。日本で食べた冷凍ライチはこの品種なのかな?

もうね、ジャカパット種が圧倒的に美味しいです!

その他にホーヒア(โฮเฮียะ)という種類があるそうです。
I love thaiさんのブログを参考にしました。)

このおいしさを日本にも届けられるのか?

この美味しさをどうしても果物好きの母に味わってもらいたくて、この時期に来タイしてもらいました。

母︰「美味しいとは聞いていたけど、こんなに美味しいとは思わなかった!」

毎日市場やスーパーで果物を買い、ライチ、マンゴー、ロンコン、ドラゴンフルーツ、ドリアンなどをたっぷりと堪能した母。

母︰「持って帰れたらいいのになぁ」

果物の日本国内への持ち込みは細かく決められていて、植物防疫所のHPを見るとほとんどのフルーツがアウトなんです。ライチももちろんアウト。

ただ意外なことにドリアンは検疫を受ければOKだそうな。

ということでスーパーでよく見かけるライチの缶詰を買ってみました!

お試しということで一番小さいサイズを。果肉8個入りでお値段40バーツ。

中身はこんな感じ。う~ん、見た目がわるい(笑)イカとかホタテっぽい。

お味はというと、生ライチのやわらかな食感よりもかたく、酸味は少しあるくらい。あ、甘い。。シロップ漬けだから当然だけれど。

パイナップルのようなお味でした。

実がそこまで大きくなく、酸味も少なかったので、もしかしたらホンフワイの品種を使っているのかも?缶詰に表記はありませんでしたが。

想像していたよりも微妙でした(^^;)

※ 2018年4月12日追記
もう1種類のライチの缶詰も同じ味か気になったので、以前購入した「UFC」ともう一つよく見かける「Malee」の缶詰を食べ比べてみました。

感想は、UFCに比べてMaleeは独特の香りがほとんどない!ライチ独特の香りが強いUFCに比べて、Maleeの方が全然食べやすかったです。Maleeはジャカパット種なのかな?

ただシロップ漬けだから当然だけど、やっぱり甘いし結構ヘビー。缶詰ではやはり生ライチの良さを伝えるのは難しいかも。。
(追記おわり)

結論

やっぱり生ライチを食べてもらうのが一番!お土産に缶詰を買って行って「生ライチってこんなもんか」と思われたらライチにわるいし。

ジャカパット種の生ライチが食べたい人はこの時期にアジアへ出かけましょう!

フルーツ情報まとめ

英名:ライチ
タイ名︰リンヂー/ลิ้นจี่
時期︰5月中旬~6月中旬頃
お味︰酸っぱくて甘くてジューシー
価格︰80~150バーツ/kg
スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :