カオス。癖になる遊園地【 Dream World ドリームワールド】を3歳児と満喫

タイは乾期に入っています。

毎年涼しさや期間が結構違うので一概には言えませんが、もうすこぶる涼しくて、カラッとしていて最高の一言!1年の中で唯一天候による不快指数ゼロの貴重な期間。

普段はできるだけ汗をかかず室内にいたい私も、この時期だけは青空と涼しい風を感じに出かけたいなと思います。

そんな涼しい今、Dream World(ドリームワールド)という遊園地へ行ってきました!


事前にあまり調べず行ったのですが想像以上に楽しめる&長居できる&ツッコミどころがある遊園地でした。

アクセス


場所はドンムアン空港の少し先、パトゥムターニー県のランシットという地区。

今回は車で行きましたが公共交通機関で行くことも可能で、BTSヴィクトリーモニュメント駅から538番バスに乗ると行けるようです。

個人的には何人かで行くならBTSモーチット駅からタクシーで行くのが効率的かなと思います。

メーターで行ってくれなければUberで。
▶ 【超超快適!子連れチェンマイ観光はタクシーサービス「Uber ウーバー」が必須です】
※ 2018年4月にUberはアジアより撤退したため、Grabが便利かと思います。

(クリックすると拡大します)
縦長の遊園地で入口が奥にあるため、公共交通機関で来た場合は入口にある2階建ての無料シャトルバスで入口まで進みます。10分間隔で運行。

料金

タイ人価格と外国人価格あり。

外国人フリーパスは1,000バーツ。またはビュッフェ込などの下記パッケージ価格。

タイ人価格はフリーパスの種類によって500バーツまたは600バーツ。
タイ人価格で入っておいてあれですが、1,000バーツでも大満足の内容でした!

園内はこんな感じ 

入口。プミポン前国王の葬儀から間もないためか、入口にはたくさんのマリーゴールド。

(クリックすると拡大します)
Map。乗り物が想像以上に盛りだくさんなのでMapで目星をつけておくといいかも。

中に入ってすぐある広場。

ここで写真を撮られ、帰りに写真フレームを300バーツで販売されます。入場から5時間後くらいにここを通ったのにすぐに寄ってきて売れるってすごい(笑)ある意味才能。

そして朝1だったのもあってか土曜日なのにガラガラ。どの乗り物も混んでおらず、すぐに乗れました。並んでいても2~3周りしたら回ってくるくらいの混みよう。小さい子と並ぶのは10分でも大変なので混んでないのはポイント高しでした。

また人が少ないのでベンチやテーブル席など、どこでも座れるのもありがたかったです。

そしてトイレが多い&キレイ!
トイレットペーパーもちゃんとあるし。これは本当に嬉しい。

謎キャラが多かった。

Mr.Bean(笑)
ここは以前アトラクションがあったようですが、今は閉じられていてMr.Beanが佇むのみ。

マッサージ屋さんも完備の遊園地。

そして布小物のNaRaYaまで。

タイがギュッとつまった遊園地!

乗り物

絶叫系の乗り物が多いDream Worldですが、3歳児でも十分楽しめました。我が家が乗った乗り物はこちら。

ゴンドラリフト

★  Cable Car/Map 5番

このゴンドラリフトで入口近くから中間地点まで空で移動できます。

結構高いところを移動するのに安定の窓なし構造。

移動手段になっていることもあり、ここが一番並んだかも。

リフト同士の間隔は一定ではなく、係員が手動で間隔を調整する感じ。6台行ったらしばらく来なくて待つ、といった具合でした。

中継地点の柱を通過するときが結構揺れてこわい。頑張れば落ちれるほどの安全柵だし。

あと、なぜか入口方面からの一方通行で、帰りは乗れませんでした(1周ぐるっとまわることは可能)。疲れた帰りこそ乗りたいのに(笑)

列車

★  Sightseeing Train/Map 6番

ロープウェイ乗り場の下に列車乗り場があります。途中乗車・下車はできず、ぐるっと1周します。

こんなデーハーな先頭だけど、客車はMade in Austriaとあるだけあってディテールがオシャレ。グリーンとブラウンのシックな色合い。

木のベンチシートもかわいい。

こんな気持ちいい緑のトンネルも。

ただ、こういう一直線の道だと線路が変形して曲がっているのがよく分かる(笑)

トンネルがいくつかある他に、栃木の東武ワールドスクウェア的な世界遺産のミニチュア展示が走りながら楽しめたりします。

電車の動く感じはホンモノさながらで満足度が高かったです。息子が気に入ったため2回乗車。

車のアトラクション

★  Antique Car/Map 23番

車体がしっかりしていて可愛い車。アクセルとハンドルを操作しながら2周か3周します。

エンジン音が乾いた「バリバリバリッ」という音で、私世代のゴーカート的な感じ。ハンドルが重めで息子では操作が難しかったので、夫が運転しました。

ちなみに園の一番奥にもゴーカートがあるのですが、そちらは一人乗りの少し本格的なもので、確か身長130cm以上のみと制限がありました。

車その2

★  Monza/Map 35番

身長120cm以下のみの、子供だけで乗るアトラクション。

つながった6台のミニカーに乗り、ぐるぐる4周ほどしました。

少しスピードが出る&1人で乗車なので、息子の笑顔がひきつっていました(笑)

1周目で泣いちゃった子を、一旦止めて降ろしてあげて再スタートしたのがタイらしかった(^^)

モノレール

★  Monorail/Map 34番

こちらも列車同様、途中乗車・下車はできず、ぐるっと1周します。

これはモノレールの構造的にも列車以上に不安定&メンテナンスが適当なのかガタガタ。ちょっとドキドキ。

スピードはかなりゆっくりで周りの乗り物を見ながら景色を楽しめます。

ボート

★  Indian Boat/Map 36番

車その2の横にあるアトラクション。

写真のように子供1人で乗り、優しい水流を漕いで進んでいくというひたすらゆるい乗り物。

ここでは混んでなかったからか、こちらが言わなければ延々と乗っていられそうな雰囲気でした。3周目は飽きてたので2周がちょうどいいかな。

どの乗り物も乗車時間が長くて、誰かのブログで「しつこい」との感想を見かけたけど、納得しました(笑)

ヘリコプター

★  Flying Fish/Map 37番

これもひたすらゆるい乗り物。ゆりかごの上で回ってるやつのようなゆっくりした動きで、優しく上がったり下がったり。音楽もオルゴールのような音。

息子はこれが一番楽しそうだった。

このオルゴールヘリコプターの横には、超ガンガンのクラブミュージックのかかったバスのアトラクションがあり、雰囲気をかき消していました。
高校生がノリノリで踊りながら乗っていてかなり楽しそうでした。私も乗りたかったー!

ジャイアントハウス

★  Giant's House/Map 13番

ここは文字通り巨人の家で、全てのものがめちゃくちゃ大きく作られています。

写真で見るとそれっぽいけど、実際そこにいると「ふーん」くらい(笑)写真を撮ってすぐ出ました。

室内はエアコンがかかっているので、暑い日は癒しポイントだと思います。

ゲーム

ちょこちょこ縁日系のゲームもあります。

これは金魚すくい的なやつ。浮いているアヒルちゃんを小さな網で取ります。アヒルちゃんはガチャガチャのカプセルのようになっていて、中に入っている数字で景品が決まるというもの。

1回50バーツ、3回100バーツでした。

うちは3回やって3回ともハズレだったけど、ハズレでも布地のキーホルダーがもらえます。

トマト、パプリカ、唐辛子のキーホルダーをもらって、手作り感満載だけど可愛くて普通に使ってます(^^)

輪投げ。ただし輪を投げる先はビール瓶という日本では絶対なさそうなやつ。

乗っていないけど楽しそうだったやつ

絶叫系も充実していました。

「ホーンテッドマンション」と名前がそのままなお化け屋敷も。

1度入ってみたものの、真っ暗&乗り物ではなく歩いて進むスタイルで、悲鳴を聞いた息子が断固拒否だったのですぐに出てきました。

円盤型の絶叫系。

スプラッシュマウンテン的なやつ。決定的に違うのは超ズブ濡れになること。

ラストの見せ場は外にも水が吹き出すので、知らずに通った人がビショビショになっていました。なんとも豪快。笑


プールもありました。上のパイナップル柄のバケツに水がたまってくるとゆらゆら揺れだし、いっぱいになるとバシャーン!と大量の水が落ちます。暑い日は楽しそう!

他にもショーやスノータウン、アニマルファームなどがあります。

ごはん処

タイ料理屋さんやグイッティアオ屋さんがちょこちょこありました。中継地点のリフトを降りた辺りのカオモックガイトートが美味しかった!

ルークチンは本当どこでもあるなぁ。

祭りのときによく見るコーン屋台。しっかり味かついていて好き。

ミニパンケーキ。お味はイマイチ。

安心のKFC。

サクッと2時間ほど滞在する予定でしたが、思いのほか楽しめて4~5時間いました。

乾期という天候も大きかったかも。冷房がきく場所は少なめなので、暑期は防暑グッズが必須です!

遊園地情報

名前︰Dream World(ドリームワールド)
時間︰平日  10:00-17:00
休日  10:00-19:00
HP︰http://www.dreamworld.co.th/panoramic/en/

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :