隠れランチセットのコスパよすぎ。【Baan Kanitha バーンカニタ】で本格タイ料理を大満喫


高級タイ料理店として有名なBaan Kanitha(バーンカニタ)。

厳選された素材を贅沢に使ったタイ料理はビックリするほど美味しいです。この国は高ければ美味しいし、安ければ味の素の味がする。分かりやすくて好きです。

そんな美味しいタイ料理をお得に食べられるバーンカニタのランチセットの感想です!

アクセス


店舗はアソーク(soi23)、トンロー(soi53)、サトーン、アジアティークの4店舗あり、今回はアソーク店に行ってきました。

スクンビットsoi23を割と奥に行った一軒家。


パクソイから歩くと15分ほどかかります。

BTSアソーク駅からのオススメの行き方は、ターミナル21の裏からヘルスランドの前を通ってアソーク大通りを渡る方法。

Google Mapで見るとわかるのですが、ソイに対してスクンビット通りが斜めになっているので、この道順が近道、そしてほぼ日陰なので暑すぎないし、通りによって見える景色が変わるので道のりも楽しめます。

店内はこんな感じ

木材を多く使用していて温かみがあり、ちょっぴりクラシカルな雰囲気の店内。とっても好み(^^)

お店の奥にはバーカウンターがありました。

各テーブルには生花が飾られています。シンプルで上品なテーブルコーディネート。

ランチセットメニューと感想

席に着くと単品メニューが渡されますがそこにはランチセットは載っていません(笑)ランチセットがいい旨を伝えると別のメニュー表を出してくれます。

メニュー表の写真を撮らなかったので、このランチセットを発見したときのパンフレットの写真を載せます。

(クリックすると写真が拡大されます)

(クリックすると写真が拡大されます)
はじめにミヤンカムというお通し?がでてきます。

バイチャップルーという葉っぱにローストココナッツや干しエビ、ナッツ、生姜、唐辛子などなどをのせ、真ん中のタレも一緒に包んで食べるというもの。

屋台ではこんなふうに具を包み、串に刺した状態で売っています。

噛むうちに味が一つになっていきます。バーンカニタのミヤンカムはクセがなく、甘めのタレが絡んで美味しい!

Aセット(390バーツ)


---------------
前菜︰ヤムソムオー(ソムオーのサラダ)
スープ︰トムヤムクン
メイン︰グリーンカレー
    パットパックルアムミット
   (ミックス野菜炒め)
    白米 or 赤米
デザート︰ココナッツアイス
     コーヒー or コーヒー
---------------
(白米じゃない方は発芽玄米と書かれていたけど、たぶん赤米なので赤米表記にしちゃってます。)

なんだか白米がメインの写真ですが、左奥の4皿がAセットです。

前菜のヤムソムオーとスープのトムヤムクンだけでもかなりおなかがふくれます!

ヤムソムオーのソムオーはフレッシュでツヤツヤ。甘辛で、エビとフライドオニオン(スライスした赤玉ねぎを揚げたもの)がコクを出していて美味でした。

そしてトムヤムクン!これがとっても美味しかったです!大きなエビがゴロッと1匹入っていて食べ応えがありました。濃厚なトムヤムクンです(^^) グリーンカレーも美味しかったけど、トムヤムクンの美味しさが強くて、グリーンカレーの印象があまり残ってない(笑)

なお、トムヤムクンに青唐辛子が刻んで入れてあり、気付かず食べてしまうと頭がビリビリするほど辛いので要注意です。一緒に行った母が大量に汗をかいていました(^^;) シンプルな野菜炒めがあって助かった。。

食材を贅沢に使っていて、これだけの量でこの価格は本当にお得!

ちなみにこの日ビールを割と頼んだのですが、お会計の半分がビール代で、結果かなり高くつきました(笑)小瓶で確か1本190バーツ(日本の中ジョッキ並!)。

Bセット(390バーツ)


---------------
前菜︰ソムタム
スープ︰トムカークン
   (トムヤムクンココナッツスープ版)
メイン︰マッサマンカレー
    パックタイワンパットハッエリンギ
   (エリンギと野菜の炒めもの)
    白米 or 赤米
デザート︰ココナッツアイス
     コーヒー or コーヒー
---------------

別の日に頼んだBセット。ピンク線の手前がBセットです。奥はAセット×2。テーブルいっぱいに小皿が並んで彩りキレイ♡

Bセットもとっても美味で、特に美味しかったのがマッサマンガイ!マッサマンカレーはお店によって味にかなり違いがありますが、ここのはもったり濃厚で甘め、チキンがたっぷり入っていました。

トムカークンもトムヤムクン同様、おっきなエビがドドンと入っていて食べ応えあり。酸味が絶妙でした!

この日は白米と赤米、両方のせてもらい、もうビックリするほどおなかパンパン。

Cセット(350バーツ)


---------------
前菜︰ポピアトート(揚げ春巻き)
スープ︰トムヤムタレー
メイン︰チューチープラーガポン
   (魚のレッドカレーソースがけ)
    カナーナームマンホーイ
   (カナー菜のオイスターソース炒め)
    白米
デザート︰ココナッツアイス
---------------

Cランチはお米が白米一択なのと食後の紅茶 or コーヒーがつきません。

これが一番の隠れメニューかも。メニュー表にすら載っていません(なぜ笑)。

スープが写っていませんが、ピンク線の手前がCセット。メインのチューチープラーは南部料理だそうで、サクッと揚げた白身魚にレッドカレーがたっぷりかかっています。マイルドで食べやすいです。

最後に出てくるココナッツアイスとコーヒー(or 紅茶)。(Cセットはアイスのみ)

ここのココナッツアイスはクセがなく、バニラのような杏仁のような味でした。

全ての器がセラドンで統一されていてとても素敵でした。セラドンはとにかく重いので自宅で使いたいとは思わないけど笑、形がポテッとしていてかわいく、料理が映えていました。

代表的なタイ料理を小皿で少しずつ食べれる、よくばりランチセット!遊びに来た家族や友人を連れて行ったけど、私も大満足でした(^^)

お店情報

名前:Baan Khanitha Thai Cuisine(バーンカニタ タイキュイジーヌ)
場所:アソーク駅から徒歩約15分。スクンビットsoi23
時間:11:00-23:00
HP:http://www.baan-khanitha.com/index.php


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :