タイを去ることになりました


タイ生活約5年。そろそろ本帰国かもう1年かとドキドキしていたところ、

なんと

シンガポールへスライドとなりました、、、!!!

可能性はあったものの予期せぬ異動に気持ちが追いつかず、しばし放心状態(´-`)

戦友2人がそれぞれ本帰国してしまってからは特に親しい友人もおらず、1人のらりくらりと気ままに過ごすことが多かった私。

だけどお世話になった場所を離れるのはやはりとてもさみしくて、先週は特に気持ちが忙しく、挨拶をする度にこみ上げてくるものがおさえられなかったです。本当に毎日目を腫らしていました(^^;)

息子を通したおかあさんたちとの絆は気づけばこんなに強くなっていたのか!と自分でも驚きました。

またクラスで四天王と呼ばれた息子なので笑、幼稚園の先生やタイ人ヘルパーさん方には特に感謝の気持ちが強くて。挨拶に伺った日に少し授業?風景を見させてもらったのですが、やはり涙がこらえられず子供たちから「なんで泣いてるのー?」との声が。笑

アパートのオーナーさんやスタッフさんも優しい方ばかりで(ときに距離が近すぎて疲れたけど)プミポン前国王の葬儀場へ連れて行ってもらったり、タイ語、タイの文化、イベントなど多くを教えていただき、タイ生活を楽しめたのはアパートの方のおかげでした。

バンコクには本当に色んな国から来た人たちが暮らしていて、その中に身を置かせてもらう中で自分と初めて真剣に向き合い。自分の幼さを知ることができた。

そして妊娠、出産、子育てをした思い出の地。子どもを心からあたたかく見守ってくれるこの地で子育てができてよかった。

たくさんの学びをありがとう。

タイらしいプレゼントももちろん嬉しかったけど、想いのつまったプレゼントはきっと一生忘れない!

ちなみに一時帰国予定を取りやめたので、日本の友人たちに連絡したところ、7割がた「うらやましい〜!」「シンガポールなら遊びに行く!」との声、、

ちょっとータイもおもしろい国なんですけど!笑

この生活しやすさと混沌としたクセになる魅力は、体感しないと分からないよなぁきっと。


というわけでタイ生活も残りわずかとなりました。ラストソンクランの水かけ祭り後に旅立ちます。最後に駆け込みで色々行った場所や買ったものはまだまだ書いていきます!

そして、近いのできっとまたすぐ遊びに来るし、シンガポール生活もこのままつづっていくので、これからもよろしくお願いします(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 件のコメント :