また行きたい!工場内のパブが最高すぎた【Tiger Brewery Tour(タイガービール工場見学)】


シンガポールへ行くと決まって、楽しみにしていたことの一つ(特に夫が)、それがタイガービールの工場見学に行くことでした(^^)

タイガービールは1932年から現在まで80年以上愛され続けているシンガポールビール。国際的な賞を40回以上受賞し、世界60ヶ国以上で飲まれているんだそうな!

平日だけだと思っていた工場見学が土日も開催されていると知り、早速行ってきました!

アクセス


マレーシアとの国境が目と鼻の先、シンガポールの西の端っこにあります。

今回は行きは電車とタクシー、帰りはバスと電車を使いました。電車はMRTグリーンライン、タンジョンパガーから乗った場合、所要時間は約1時間半。意外と遠かった。笑

子連れで時間に余裕をもっていくなら、2時間見ておくといいかもしれません。

一番歩かない行き方はMRT Joo Koonで下車して、182番か182M番のバスに乗る方法。これならビール工場の目の前に止まります。「Asia Pacific Breweries」というのがタイガービール工場のある場所です。

この「Asia Pacific Breweries(APB)」はシンガポールのF&N社とハイネケンが1931年に共同で創設したビール醸造所。APBがタイガービールを製造販売していて、それ以外にもハイネケンをはじめ複数のビールが作られています。
【Wikipedia - タイガービール】

今回、行きはGoogle Mapで出てきたルートで、MRT Boon Layで降りて、そこから182番バスに乗るという方法で行こうと思ったら、その情報が古かったのかバス停に182番の文字がなく!

時間がなかったのでそこからGrabタクシーで向かうことに。

Google Mapのバスルート表示は本当に便利だけど、たまに古い情報が出てきて困る(^^;) シンガポールのSBSという公共交通機関を運行する会社と連携されているようだけど、更新が遅いのかしら?地図情報みたいに修正依頼ができたらいいのになぁ。

ということでタクシーで行った場合ですが、コカコーラの大きな建物が見えてきたら、そのすぐ隣がタイガービール工場になります。門をくぐってさらに奥へ。

この左側が入口。

ここが入口!

HPに開始10分前には来てくださいとあったのに開始時間を5分過ぎて到着。次の回にまわされちゃうのか少しヒヤヒヤしましたが、まだ始まっておらずでホッ。その後15分くらい遅れて1組、30分くらい遅れてまた1組途中参加できていたので、時間にはそこまで厳しくなさそうです。

とはいえ予約なしの場合や、人が多い場合はどうなるかわからないので、時間には余裕をもって行った方がいいと思います。

帰りはこの入り口から道路側に向かって歩いていくと小さな出口があり↓、
少し先に歩道があるので、道を渡るとバス停があります。


バス停からの景色。

予約について

以前は平日のみだったようですが、2016年より土曜日も、そして2018年の春より日曜日も開催されるようになりました!

今日現在、火曜〜日曜日の13:00から17:00の回まで1時間ごとにツアーが行われています。月曜日と祝日はやっていないのでご注意を。

また、年齢確認のため写真付きの身分証が必要です。

公式HPより(クリックすると拡大します)

価格は平日予約が18ドル、休日予約が20ドル、予約なしの場合はそれぞれプラス2ドルです。6歳〜18歳未満は12ドル、5歳以下は無料となります。

公式HP内のツアーインフォPDFより抜粋(クリックすると拡大します)

予約は公式HPから。↓
https://tigerbrewerytour.com.sg/

予約時にクレジットで支払い、メールにてバウチャーが送られてくるので当日画面を見せればOKです。

見学はこんな感じ

土曜日の13時からのコースに家族3人で参加しました。

この日は参加者が全部で20人ほど。そのうち半数が日本人でした。

はじめにスクリーンで歴史や施設の説明をしてもらいます。

その後展示物を見て、場所を移動。

ビールの作り方、ほんの少し工場内も見学、そして写真スポットで撮影タイムなど。
結構ボロめ。笑

ビールのおいしい注ぎ方を聞いたり(ここでクイズに正解した人やデモをした人はその場で飲めちゃいます)、
スクリーンで映像を見たりして見学は終了。約40分ほど。

試飲の場所がパブそのもの!

で、すごかったのはビールの試飲の場所!
雰囲気が最高すぎる!

バーカウンターもかっこいい(^^) かなり広いのでゆっくりくつろげます。

もう完全にパブでした!Green Dayやマイケルジャクソンなど、アップ系の音楽がガンガンにかかっていてテンションが上がっちゃいます。

試飲内容ですが、ネットで出てくる情報だと45分飲み放題というものが多かったのですが、それは少し前のこと。現在は初めにタイガービールの中ジョッキサイズが1杯、その後200mlくらいの小さなグラスで5杯までとなっています。

以前と比べるとだいぶ縮小しているようですが、それでも私的には大満足の量でした!

試飲できるビールの種類はとっても豊富。
入る前に5枚綴りのチケットがもらえるので、そのチケット&空いたグラスと交換で新しいものがもらえます。

全部美味しかった〜!

女性にはアップルサイダー(アルコール4.5%)が飲みやすくてオススメかも。

ただ、ソフトドリンクがあると書いてあったのでオレンジジュースやリンゴジュースがあるものだと想像して行ったら、コーラとスプライトのみでした(><) あとは水。笑

炭酸は飲めないので息子の飲み物はなし、、付き合ってもらってジュースなしではさすがに申し訳ない。。本当はいけないと思いますが、持っていたグミやブドウジュースなどをあげちゃっていました。

あとで知りましたが、お土産屋さんで売っているスナックを購入してここで食べることができたそう。どんなスナックがあった未確認ですが。

特に時間制限的なものはなかったかと。途中から雨が降り始めたのでのんびりさせてもらいました。ツアー参加の皆さん、普通のパブのようにそれぞれの時間を楽しんでらっしゃいました。

参加者の中に抱っこひもに赤ちゃんを抱えたご夫婦が2組、途中参加でいらっしゃいましたが、その方たちは1、2杯飲んで帰っていかれました。アテンドっぽかったので雰囲気を楽しまれていた感じかな。

チケットがなくなった後もプラス5ドル(税別)で追加の5枚綴りチケットを買って飲めるようです。

1ドル(≒80円)でビリヤードやダーツなんかもできて、

私たちも楽しんじゃいました(^^)

HPによると、この場を借りてイベントもできるみたいです。キャパは100人。貸切金額は載っていませんでしたが、ここでイベントとか楽しそう!

お土産屋さんとフレッシュビールのプレゼント!

オリジナルグッズがたくさん売っているお土産やさんも要チェックです。

我が家は、期間限定セールとありましたがTシャツが全て7ドルになっていたのでTシャツと、ボトルオープナー(5.9ドル)を買って帰りました。
Tシャツのサイズは少し小さめなので、いつもより1サイズ上を買うといいかも。

そして!入るときに渡されたツアーカードを返却すると、この日の朝に瓶詰めされたというスーパーフレッシュなタイガービールのプレゼントがありました!

子連れで行った感想ですが、遠出だったので道中のバスと電車が楽しめたのと、パブでの時間は楽しかったようですが、やはりツアーは退屈だったよう。それはそうだよね。ツアーの半分は外やエアコンのない場所なので暑いのもありました。

そしてソフトドリンクが炭酸だけなので小さな子にはあまりメリットがないかも。ビール工場なので当たり前かもしれませんが(^^;)

大人的にはとっても楽しかったので、また誰か遊びに来てくれたときにでも平日を狙って行きたいな!

お店情報

場所:459 Jln Ahmad Ibrahim, シンガポール 639934
曜日:火曜〜日曜(月曜・祝日はお休み)
時間:13:00〜、14:00〜、15:00〜、
   16:00〜、17:00
価格:【大人】平日/予約あり:18ドル
          予約なし:20ドル
       休日/予約あり:20ドル
          予約なし:22ドル
   【子供(6歳〜18歳未満)】12ドル
   【子供(5歳以下)】無料
公式HP:https://tigerbrewerytour.com.sg/

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :