水回りの家事を楽にするために工夫したこと


〇 【なぜお気に入りでないものを使い続けてしまうのか】
〇 【好みを整理して服を処分。今の自分の服に対する基準を作る】
の続きです。

モノ見直し月間の中で、いかに家事を楽にできるかということをずっと考えては試していました。

楽にするためにすることはただ一つ、、

ためないこと!!

毎日ささっと拭くだけの状態にしておくこと。そのために障害物をできるだけ作らないこと。

ためるから汚くなり、汚くなった場所の掃除は時間がかかり、次回の掃除がもっと億劫になる。ためないことが一番大切なことじゃないかと。

ただ、今までの私はためにためるタイプでした。アイロンもシャツが10枚たまって、必要に迫られてから一気にやる!みたいな(笑)お風呂やトイレなどの水回りの掃除が特に苦手で、汚れがつき始めてから掃除したりしていました。

なぜためてしまうのか

めんどくさがりやで後回しにしてしまうから、が問題の本質なんですが笑、なぜめんどくさいかというと大がかりな作業だと思っているから!

実際、各掃除道具を用意して、濡れないように着替えたり、「汚い場所」だと思って一気にやるので気合いを入れてやることだと思ってました。

イマイチやる気になれずまた明日でいっか、なんて。

湿度が高く年中あたたかい東南アジアでは、カビや汚れがつきやすい。

タイに来てはじめに住んだ部屋は少し古めのアパートで、窓が少なく湿気がたまりやすい部屋でした。妊娠し、つわりがひどかったため掃除もままならず、水垢やカビができてさらに掃除が嫌に。。

夫は掃除ができないタイプなので笑、一時帰国でしばらく部屋をあけたあとの掃除もすごく億劫でした。

息子が産まれてからは息子がふれるので今までよりぐんと汚れに対して敏感になりました。

出産を機に引っ越したアパートは半サービスアパートで、週2回部屋のお掃除に来てもらっていました。お風呂、トイレ、ベランダ、床掃除に扇風機の羽についた埃までとってもらっていました。しかもシーツやバスマットも毎週取り替えてくれるという。

そのため、ますます掃除から遠ざかる。。

が、こちらではそういうわけにもいきません。

めんどくさがりな私が、いかに掃除を楽に、掃除する場所を減らし、かつ息子がどこをさわっても気にならないよう快適な生活ができるかを試行錯誤。

お風呂掃除編

海外は洗面台、トイレ、シャワーがセットのユニットバスが基本。我が家もユニットタイプでバスタブはなく、シャワールームはコンパクト。シャワーのみで立って洗うため、イスや洗面器などはありません。置いてあるものは必要最小限。

今までと変えたことは以下2つ。

バスマットは毎日洗う

私、お風呂マットを洗濯機で洗うのがすごく嫌だったんです。はじめに使っていたのは、こういう毛の長いもこもこタイプ↓

2週間~1ヶ月くらい使ってから洗っていたので雑菌が多そうで洗濯機で洗うのがイヤでした。バケツに入れて手洗いしていたのでそれもめんどうで、洗う頻度が落ちていく。。

乾くのにも時間がかかります。日によって湿気が多かったりスコールなどでただでさえ乾かない日があるというのに!

そこで分厚いものは処分して、薄いバスマットを購入。そして毎日洗うことを決意!(私の中では大きな変化!)毎日洗うならバスタオルと同じだし、他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗っていっか、と一気に気が楽に(^^)

毎日の掃除はお風呂後に激落ちくんで

重い腰をあげて取り掛かるもの、という意識が問題で、自らめんどくさい作業にしていたのだと気付きました。

気楽にできるよう、使うものを最小限にして掃除できないかと調べると、激落ちくん(メラミンスポンジ)を使ってお風呂上がりに拭くというものがありました。

これなら入る前に激落ちくんをお風呂場に持ち込むだけ。楽ちん。使った激落ちくんは排水口のところに置いておいて、翌日髪の毛と一緒にポイしてます。

洗剤はキッチンクリーナー1本化!

先に出た息子がちょこちょこ覗きにきては私が出るのを待っているので笑、激落ちくんで洗うのはささっと。

水垢が落ちにくいときはこの洗剤を使うことにしました。
Bio-home
100%植物由来の活性成分で作られているキッチン用クリーナーで洗い流し不要。シンガポール発のブランドです。
公式HP:https://biohomecares.com/(英語)

香りはレモングラス&グリーンティーと、ラベンダー&ベルガモットの2種類。FairPriceで5.6ドルでした。

私はレモングラス&グリーンティーを使っていますが、とってもいい香り(^^)

この本にBio-homeの台所洗剤が載っていて存在を知り、キッチンクリーナーも使ってみることに。

キッチンクリーナーなのでボトルに記載されている使用に適した場所は
〇 コンロ周り
〇 電子レンジ
〇 流し台

など。

本来はキッチン用ですが、水垢や油汚れに強いのと、自然由来で安心、流す必要がないということから使ってみることに。

使い心地は最高でした!水垢がすーっと落ちる。これは気持ちいい!

ちなみにこのクリーナーには家具やダイニングに用のタイプもあります。

前は重曹を使っていましたが、するりと落ちるわけではない&ガラス面は白いあとが残るのでこちらに切り替えました。

ただ、洗い流し不要だけど、少し泡立つのが気になる。肌が触れる床は水で流すようにしています。

トイレ掃除編

前述通りユニットバスなので、私の中のトイレ掃除=トイレ、洗面台、床が1セット。

1セットでいつも一気にやろうとするから億劫になる。まずは分けて考えることに。

トイレを洗う棒を撤廃

トイレを洗う棒って使用すればするほど存在自体が汚くなっていきます。しまうケースや場合によっては床も汚れてしまう。

そこで棒を処分。代わりに買ったのはこすらず落とせるトイレ用洗剤↓
DAISO(2ドル均一)の品ですが、かけて数分待って流すだけでよく落ちます。DAISOすごい!

トイレの棒がなくなった開放感はすごいです。笑

便座の下側はそのときはやらず、気付いたときに。ウェットティッシュでささっとふいてポイ。

洗面台は都度気がついたときに

洗面台は1日のどこかで手を洗ったときにそのままやるようにしました。

このとき使うのも先ほどのBio-home。とにかくスプレーしてティッシュで拭き取るだけで本当によく落ちます。

これの前はDAISOで買った重曹スプレーを使っていましたが効果がイマイチだったのでこちらも切り替え。

見た目がシンプルで出しっぱなしでもガチャガチャしないのが嬉しい(^^) 2014年にグッドデザイン賞も受賞しているそう◎

床掃除はコロコロとアルコールで

髪の毛がよく落ちる洗面所の床は、気になったときにコロコロでサクッと。コロコロはIKEAのを使ってます。小さくて目立たないし、自立するので使いやすい。

アルコールで床を拭くのは汚れが気になったときだけ。アルコールはタイで使っていたものをまだ使っています。

(誤飲がないよう色がついている)

アルコール70%で値段も安かったので、殺菌したい場所、小さな虫対策、息子が吐いたあとやもらしたあとの掃除などかなり重宝しています。

シンガポールではアルコール70%などの純粋なアルコール除菌品がまだ見つからないので、なくなるまでに探さなくては。

あとウェットティッシュも。シンガポールはウェットティッシュが高い!写真のような袋タイプ2個セット400円とか。私が日本で買ってきたやつ、10個入りで800円だったけど(^^;) これもいいもの探し中です。

以上、掃除をめんどくさくしないための工夫でした。

まだ始まったばかりの生活なのでよりよくしていきたい(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :