シンガポールで食べられるドリアン【猫山王(マウンテンキャット)】はタイ産より美味しいってほんと?


一時帰国から戻ってきて約1ヶ月、至るところでドリアンを見かけます。

シンガポールで採れたものではなく、多くはお隣、マレーシアから輸入されてきたもの。

シンガポールの観光本にはドリアン特集のページがあるほどシンガポールのフルーツといえばドリアンだそう。

本の中で「地元の人は口を揃えて、マレーシア産がタイ産より美味しいと言う」と書いてあって、「タイのドリアン(モントーン種)も美味しかったけど、それより美味しいの!?」とひそかに楽しみにしておりました。ドリアンの香りはまだまだ苦手だけど(^^;)

ということで最高級種、ドリアンの「猫山王」を食べてみた感想です。

マレーシア産ドリアン基礎知識

マレーシア産のドリアンのシーズンは年2回、6〜8月と12〜1月。年に2回も採れるなんて!さすがアジア。

マレーシア産の方が美味しいといわれる所以は、タイは農園栽培なのに対し、マレーシアは森の中の自然木から採取するから、より匂いが強くねっとり濃厚な味わいになるんだそうな。

美味しいドリアンの見分け方

〇 香りの良いもの(甘い香り)
〇 小ぶりで形のよいもの

注意⚠

〇 ドリアンは超高カロリーで血糖値が上がりやすいため、ドリアンを食べたあとにお酒は飲まないこと。

胃の中で発酵して、体が熱くなったり、胸やけ等で体調不良になる場合があるため。

〇 同じく炭酸飲料は飲まないこと。

ドリアンには炭酸水と同じ成分が含まれているため、そこへさらに炭酸飲料を飲むとおなかがガスでいっぱいに。膨張感がすさまじいようです。

猫山王とは

マレーシア産ドリアンの最高級の品種。

英語ではマウンテンキャット、こちらの言葉でマォーサンワン(何語?)と言うそうです。

ドリアンにもいくつかあり、他にも同じく高級種の皇山皇(キングオブキング)、D24、D13、XOなどなど種類があるそうですが、品種改良により今一番人気があるのがこの猫山王。

ここまでの参考資料:
aruco シンガポール

地球の歩き方 シンガポール

買い方

有名なお店や売り場がいくつかあるようですが、電車やバスで持って帰ってこれないしなぁ(バスに乗っているとたまに臭うけど笑)と近所の市場で買うことに。

今回買ったお店は1kg10ドル(≒800円)。実を2つだけとかで買いたかったけれど、1個丸々じゃないとダメだと言われ(そりゃそうだ)、小さめのものを選びました。

11kgだったので11ドル。本やネットを見ると、1kg=15〜50ドル(!)と買いてあったので、かなりお値打ちでした。今年は豊作みたいなので値段が下がっているのかも。
【ドリアン大豊作〜今年はドリアンを食べるのに最高の年です〜 - KOKONATS.com】

腐るともったいないしマレーシアではタダで配っていたりもするそうです。アジアはつくづく餓死しない環境だ。

選ぶとその場でカットしてパックにつめてくれます。

食べた感想

さすが1玉、いっぱい入ってる!

夜食べるまで冷蔵庫で冷やしておこうとジップロックを2重にして入れてみたけれど、そんな壁は軽々と越えられてしまい、冷蔵庫はドリアン臭でいっぱいに。たった1日入れただけなのに匂いが取れるのに2日かかった。笑

味はというと、濃厚カスタードクリームにカラメルソースの苦味があるような。舌触りはとってもなめらか!

このカラメルソースっぽい苦味がクセになる。これがタイのモントーン種にはない味かな?

ただ後に残る香りはやはりあのドリアンの香り 。慣れない。。笑

夫と2人で食べても量が多かったので翌日の朝にも食べたら、朝からドリアンはちょっとキツかった。笑

タイ産より断然美味しいわけではなかったですが、猫山王も美味しかったです!

ドリアンは鮮度が命なので、物理的距離も味に差を出してるのかなぁ?

個体差もあるので、何度か食べてみようと思います(^^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :