ソムオーはむきたてが一番美味しい!1玉買いのススメ


タイに来て最初にハマったフルーツがソムオー。

パクパク食べれてあっという間になくなってしまう魅惑のフルーツ!来た頃は毎日食べてたかも。

先日はじめて丸ごと1玉買ってみたのがパック売りのものよりも断然美味しかった!ので、その詳細を書きます(^^)

ソムオー基本情報

ソムオーは日本でいうザボンと同じ品種です。英語ではポメロ(Pomelo)。

グレープフルーツに似た味ですが、グレープフルーツのように酸っぱくて顔がゆがむようなことはなく、優しい酸味とさっぱりした甘さ。

ソムオーとライチは日本人に人気の二大フルーツだと思います。

スーパーでも屋台でも大抵むいた状態で売っています。売り場のすぐ横でおばちゃんがむいていたりするんですが、むくのが上手なこと!小さな果物ナイフであっという間にむいてしまう。

1パック7~12粒ほどで屋台では40~80バーツ、スーパーでは80~120バーツくらいで売っています。

以前、タイとラオスの国境のある街、ノーンカーイで大量のソムオー(たぶん2玉分)が45バーツという超破格で売られていて興奮気味に買ったことがあるのですが。
これが全く美味しくなくて(笑)

ラオスからの帰りで、バンコクまでの寝台列車に乗る前だったので、おやつ代わりに買ったのに半分も食べれず捨ててしまった苦い思い出。

ソムオーの種類

このソムオーがBigCで1玉69バーツで売っていたので買ってみました!

皮にそのまま印字されているのはソムオーの種類で「カーオナームプン(ขาวน้ำผึัง)」と書いてあります。蜜入りの白い実という意味。

ソムオーには実が白いもの(実際はうすい黄色)とピンクのものと2種類あって、白い方が実がぷりっとハリがあります。下の写真の左側。
右側のピンクの方は「トーンディー(ทองดี)」という種類で、水分が多く、実がやわらかい。日本のみかんのようなやわらか食感。

フジスーパーの商品説明ではトーンディーの方が酸味があるように書かれていたけど、個人的にははこちらの方が甘みを感じます。

私は食感のいいカーオナームプンが好き。

自分でむいてみた

きたない(笑)

緑色の皮と実の間には1cm以上の分厚くてやわらかな綿のようなものがあり、どこからが実なのか分からず様子を見ながらカット。

さらに房の境目が分からずうまく取り出せなかったので、出来上がりはこんな感じに ↓
残念な仕上がり。笑

見た目は置いといて、これがとってもみずみずしくてプリップリ!噛むとプチっと水分がはじけます。ソムオーは何十回も食べてるけど、今までで一番美味しかった!

その後食べきれなかったので、冷蔵庫に一晩入れて翌日食べたものは、いつもスーパーで買うのと変わらぬ食感でした。

1日でこんなに変わるなんて。ソムオーは鮮度が大事であることを学ぶ。

この鮮度は、むいてすぐ食べるときのことで、むいていない状態では購入して1週間くらい常温保管でも全然味は変わらないと思います。

1玉だと量も多いので、むいているおばちゃんにお願いして、むきたてのものを購入するのも手かな。

※ 2017年9月追記
 BigCでの価格は60~100バーツあたり。先日行くと通常版、劣化版、もっと劣化版の3パターンがそれぞれちょっと離れたところに置いてありました。

これは劣化版。外見は傷んでそうだけど、みずみずしくて美味しかったです。

 ナイフを使っていないので実が折れてしまうけど、むき方のコツをつかんできた!

先日夫がタイ人上司からもらってきたトンディー種。

これもやっぱり今まで食べたトンディーの中で一番美味しかった。やはり皮付きのままなら1週間放置しても普通に美味しい。

むきたて最高!
(追記終わり)

余談ですが、BigCでむいたソムオーのパックの中にゴキさん(まぁまぁでかめ)がいて、かなり衝撃を受けたことがあります。。

フルーツ売り場でたまに見かけるけどさ、、パックするときになぜ気付かなかったの(泣)

それからBigCやテスコロータスでカットフルーツは買わなくなりました。

こわくて買えない。

フルーツ情報まとめ

英名︰ポメロ
タイ名︰ソムオー/ส้มโอ
時期︰7〜10月
お味︰さっぱりとした酸味と甘み
価格︰屋台  40バーツ~
   スーパー 80バーツ~

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :