シンガポール土産としてひそかに人気?トルコ産のランプシェード@アラブストリート

8月頭にシンガポールへ行ってきました。

滞在中にめちゃくちゃ可愛いトルコランプを買ったのでその詳細を書きたいと思います。

これ♡

アクセス


「マスジッド・スルタン」という金ピカのモスクの近く。

地図上ではヨガスタジオになっていますが、ショップの写真を撮っておらず、また店名も覚えていないため(汗)、この辺りということで印をつけました。

でも店先に置いてあったのですぐに分かるはず!

はじめはプラナカン陶器を見たくて、教えてもらったモスクの目の前にあるお店に行きました。

Little Shophouseというお店。

場所はここ↓

こじんまりしたお店だけど、街中なのに良心的なお値段。

現地に住んでいる友人曰く、元々窯で働いていた方が老後の趣味で出したお店なんだとか。

結局プラナカン陶器は買わず、中国のアンティーク陶器を使ったペンダントトップを買いました。
1個12ドル≒960円だったかな。

で、その帰り道に通りかかったお店でトルコランプを発見。

モスクの東側にあるアラブストリート沿いのお店です。周辺にはテキスタイル屋さんや絨毯屋さんがたくさん。

店内はこんな感じ

お店の写真が全くないのですが(^^;)

お店の8割は絨毯、店先にランプシェードやお皿などの雑貨が置いてありました。

ランプは天井から垂らすタイプと置くタイプの2種類。モザイクの柄や色は他にもたくさんありました。

形は写真の楕円形以外に細長い筒のような形もありました。色は白や青などの単色ガラスを使ったものから今回買ったカラフルなものまで様々。

気に入ったのが垂らすタイプのものだったんですが、お店のおじちゃんが置くタイプのものに付け替えてくれました。

プチプチで頑丈に巻いてもらって、手荷物で持ち帰ってきて早速飾る。
なんとキレイなことでしょう。

ランプシェードはもちろんのこと、壁に映るやわらかな光が万華鏡のようで、ついボーッと眺めてしまう。

オールハンドメイドと言っていました。

サイズは縦30cm、横15cmほど。

これで70シンガポールドル≒5,600円でした。

「本当は90ドルだけど未来の友達=息子に免じて70ドルにするよ!」と言われたけど、買う直前に言ったのがいかにもだし、普通に70ドルで販売していると思います。

でもお値打ちに買えて嬉しい!

ちょっとぼかした感じもいいなぁ(自己満)。

シンガポールではトルコランプもお土産としてひそかに人気らしいです。

電球を変えて、コンセント部分もアダプタを使えば日本でも使えそうなので(日本から持ってきたランプシェードもそうしてタイで使ってます)長く使いたいな。

息子が先日3歳を迎え、こういうガラス製品も側に置いとかなければ触れないようになったので買えたんだな。

息子よ、ありがとう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :