タイで愛用していたスキンケア用品まとめ

※ 2018年9月17日更新
乳液情報その他を追記しました。

紫外線アレルギーになったり、安いマッサージ屋の枕から悪臭がしてその後肌が荒れたりとなかなか敏感肌な私です。合わないスキンケア用品を使うと肌がヒリヒリしたり、ブツブツができてしまったり。

また、産後はスキンケアを全くしておらず(化粧水さえも!)ある日シワができていることに驚愕し、それからはちゃんとスキンケアを、そして一つ一つを丁寧にやることを心がけています。

顔を洗う前にはまず手を洗い、洗顔料は泡立てネットでしっかり泡立て、洗顔後はタオルで拭かずに水分を肌に染み込ませるなど。それまでの自分のことを考えると割と気を使っています。

そんな私の愛用品たちのことを書いてみました。全てバンコクで買えるものです(^^)

洗顔系

化粧落とし&洗顔料

【商品名】Botanics/All Bright(ボタニックス/オールブライト)
Cleansing Cream(クレンジングクリーム)
Foam Wash(フォームウォッシュ)
【購入場所】Boots(ブーツ)
【金額】各320バーツ

これはドラッグストアBootsのオリジナルブランドで自然派スキンケアシリーズBotanicsの商品。

Bootsはイギリス発のドラッグストアチェーンでヨーロッパに広く進出しています。アジアではタイ、香港の2ヶ国。タイには至るところに店舗があります。

HPにシンガポールでも取り扱いがあると書いてありましたが、実際は店舗があるわけではなく、ガーディアンという提携ドラッグストアの限られた店舗でBoots商品の取り扱いがある、ということでした。
参考URL︰【New: Boots Opens In Singapore In Partnership With Guardian】

日用品や美容品などが豊富で安価なBootsにはプライベートブランドがいくつかあり、ボタニックスはその1つ。

昨年末に商品が一新されて、パッケージもかわいくなりました。

オーガニックやアンチエイジングなどテーマが7種類あり、それぞれの種類で商品内容も異なります。
【Boots>Botanics シリーズ紹介】(英語)
【Boots>Botanics 肌別のおすすめシリーズ】(英語)

私が使っているのは7シリーズの中でクレンジング・洗顔系の種類が一番多いBrightningのハイビスカスシリーズ。
「Cleansing Cream クレンジングクリーム」と「Foam Wash フォームウォッシュ」を使っています。

クレンジングクリームはコットンで拭き取るもので、洗い流さなくてもいいタイプですが、私は普通のクレンジング同様、お風呂場で洗い流して使っています。クリーム状で肌に優しく、メイクも問題なく落ちます。

フォームウォッシュはトロッとした液体で、そのままでは泡立ちは少なめですが泡立てネットを使えば問題なし。洗い上がりもつっぱりません。そして程よくいい香り。

ただ、今回この記事を書くにあたって知った衝撃の事実が、、!

こちらの洗顔料はAHA(グリコール酸、クエン酸などの総称。いわゆるフルーツ酸)が含まれているので、日光に対する皮膚の感受性を高めることがありますとの注意書きを発見!

もしかしてこれは私の紫外線アレルギーに一役買っているのでは(笑)アレルギーで肌がかゆくなったのは首、肩、ひじの関節だったので顔は関係ないかな、、?

輸入品で、注意書きのところにちょうど上からタイ語のラベルが貼ってあり、今まで剥がしたこともなかったので気づきませんでした、、ちゃんと読まなきゃダメですね。笑

注意書きには目の周りをさける(避けてない笑)、また日焼け止めを使用すること、商品を使用したあと1週間は日光をさけるよう書かれていました。
ラベルの注意書きはここから見れます→(英語)

ただ、敏感肌の私が今までしみたり荒れたりなどのトラブルもなく、むしろ肌の調子もいいので、買ってきた分は今後も使うし、バンコクへ遊びに行ったらまた買ってきたい。日焼けには適度に気をつけて。ちなみに朝は水洗いなので使用しているのは夜だけです。

使っていきたい理由として大きいのは、この商品と後述のアロエの化粧水のおかげで長年付き合ってきた顔のホクロが2つ、かなり薄くなったから!現在他に3つ薄くなってきています。

AHAは古い角質による毛穴詰まりを改善したり、シミ・シワ・クスミを改善する効果があるんだそう。
参考:【AHAの効果や副作用とおすすめ洗顔、化粧品】

価格自体もお値打ちだけどbuy 1 get 1 freeやbuy 2 get 1 freeなどもよくやっていてさらに嬉しい。

ちなみにBotanicsの他商品名にあるToner=化粧水、Lotion=乳液です。ローションって日本の商品だと化粧水を指すのでよく分からず調べました(^^;)

初めて知る形になったけど笑、注意書きありの商品なので、気になる方は自己責任で、様子を見ながら試してくださいませ。

スキンケア

化粧水

【商品名】Organic Aloevera Herb Lotion(オーガニックアロエベラハーブローション)
【購入場所】サスティナ@スクンビットsoi39
【金額】420バーツ

これは以前に紫外線アレルギーの記事でも書いたサスティナのオーガニックアロエベラハーブローション。

サスティナさんが運営しているハーモニーライフ農園でオーガニック栽培されたアロエベラと海のコラーゲン、キトサンを贅沢に使用したローション。生きている成分を使用しているため、要冷蔵です。

この化粧水と先ほどのBotanicsシリーズを使って3年くらい?経ちますが、既述通りホクロがとっても薄くなりました!肌に馴染んでいたホクロが黒く浮き上がってきて薄くなった感じ。

タイでシミ・ホクロ取りをするマダムも多いですが、日常のケアの中で改善されていくのは嬉しい(^^) うっすら残っているのでなくなりはしませんけどね(^^;)

お水のようなサラサラした液体なので肌へ染み込んでいくよう手で押し込んでいます。要冷蔵のため、お風呂上がりはひんやり気持ちよく、気に入って使っています。

そして、シンガポールへ来るに際して要冷蔵のものはたくさん買ってこれないので、新たなアロエ化粧水を購入してきました。それがこちら↓
【商品名】Aloevera Liquid(アロエベラリキッド)
【購入場所】タイ自由ランド
【金額】430バーツ

タイで20年間フリーペーパーを発行しているタイ自由ランドさんが販売されている商品。電話注文できて、スクンビット・シーロムエリアであれば1本から宅配無料という嬉しいサービス。私は母と妹分も含めて10本購入しました!

1本430バーツで、5本以上なら400バーツ/本、10本以上なら380バーツ/本。

チェンマイ産のアロエベラを使用し、成分を抽出する際はアルコールのみ、その他の添加物は一切不使用。それでいて常温で1年保存できるありがたい製品。

ただその分アルコールが強いのか、塗るときには日本酒のような強めのにおいがします。人によっては苦手かも。

こちらはトロっとした液体で肌によく馴染みやすいです。化粧水としてだけでなく、頭皮にぬって薄毛・白髪予防、軽いやけどなどにも使えたりと用途が幅広い。
【アロエの効能をギュッと1本に凝縮したタイ自由ランドで販売している「アロエベラ・リキッド」】

シミ・そばかすが薄くなったというリピーターの方も多いそうです。

▶ 別メーカーだけど、アロエのシャンプーもオススメです。
【600円でしっとりまとまる、タイ産のハーブシャンプー&コンディショナー「by nature バイネイチャー」】

クリーム

【商品名】moisturising cream cucumber(モイスチャリングクリームキューカンバー)
【購入場所】Boots
【金額】150 バーツ

化粧落とし&洗顔料と同じくBootsのプライベート商品で「Boots essentials ブーツエッセンシャル」。

キューカンバー(きゅうり)シリーズのうちの1つです。
このモイスチャリングクリームにはビタミン入りのタイプとSPF(UVカット)が入っているタイプもあり、容量や値段は異なるもののよく似ているのでご注意を。SPF入りの方は私は合いませんでした(><)

上の写真でいうと、一番上に並んでいる115バーツのものでなく、4段目一番左に並んでいる150バーツのものです。

このクリームは肌にしっかりのっている感があります。フタをしてくれているような。

これに関しては特別いい効果があったわけではないのですが、荒れることなく、値段もお手頃なので使い続けてます。

※ 2018年9月17日追記
最後に買ってきたクリームが上記のものよりよかったので追記します(^^)
写真左がそのクリーム。
【商品名】Cucumber Facial Cream(キューカンバーフェイシャルクリーム)
【購入場所】soi39のレモンファーム
【金額】120 バーツ

他にセントラルワールドの上のスーパー(トップスだったっけ?)でも見かけました。

タイの国立病院、チャオプラヤ・アバイブーベのハーブ研究機関のもの。
以前にアバイブーベのマンゴスチンのフェイシャルクレンジングを買ったことがあるんですが、目にしみてしみて仕方なくて、1、2回使ったきりになってしまったので、あまり期待せずに買ったのですが。

同じキューカンバーでもこちらのクリームはやわらかくてベタつかない。気持ちいい塗り心地!心配していた肌荒れも問題なし。

ついでにもう一つ!写真右のピンクのパッケージのものは、デオドラント(脇汗ケア)のロールオンタイプのもの。80バーツ。

デオドラント商品ってにおいが強かったり、似た香りのものが多いですが、これはほどよいし、めちゃくちゃいい匂いなんですよ!美容院でセットしてもらうときのちょっと高いワックスのような。笑

どちらもオススメ◎
(追記おわり)

オイル

【商品名】Extra Virgin Coconut Oil(エクストラバージンココナッツオイル)
【購入場所】グルメマーケット
【金額】140バーツ(100ml)

夫のタイ人同僚の方からの情報で、日焼けのあとのかゆみがココナッツオイルを使用したら治ったとの話を聞いて試しに購入したココナッツオイル。

OTOP(タイ各地の高品質な特産品)のものが安心かな、と買ってみたこちらの商品、とってもサラッとしていて使いやすい。ココナッツの香りがするので好き嫌いが分かれるところだけど、敏感肌さんにはおすすめです。

サイズは3種類。

ココナッツオイルは温度の低いところに置いておくと白く固まりますが、手の上で伸ばせば、液体状になります。顔にぬって余ったオイルは毛先につけてヘアオイルに。

以上、タイでお世話になったスキンケア用品でした!

しばらくはストックで生活するけど、またシンガポールでも探していかなくちゃ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :