1時間じゃもったいない!タイマッサージは絶対2時間コースがオススメ

皆さんは普段、タイマッサージ店でどのメニューを選んでいますか?

一口にタイマッサージ店と言っても、タイマッサージ、フットマッサージ、オイルマッサージ、または部分マッサージ等種類がありますよね。

また選んだメニューを何時間お願いしていますか?


私の感覚では、フットマッサージ1時間、またはタイマッサージ1時間を選ぶ人が一番多いように思います。

旅行中だと限られた時間を最大限活用したいし、在住者でも何かとやることがある毎日で、「1時間」って手軽で行きやすい。

今でこそマッサージ屋へ行くとタイマッサージを2時間お願いするようになった私ですが、資格を取るまではもっぱら1時間でした。

旅行で遊びに来ていた頃なんかは歩き疲れて足が重くなるので、フットマッサージ1時間が定番でした。

実際タイマッサージにおけるツボは6割が足にあるし、足が浮腫むとやっぱり集中的にやってもらいたかったし。

そのときはそれで満足していたけど、時間の経過があまりに早く、「え!もう終わり!?」と、つい時計を確認してしまうこともあった(^^;)

そんな私と同じような方。

「タイマッサージを2時間受けましょう!!!」

1時間てね、やっぱり短いんです!

私がワットポーマッサージスクールで教わった行程は、一通りやりきるのに1時間半かかります。

ですが実際に夫や知り合いに施術をするとき、まだ不慣れなこともあるのですが、丁寧に施術をするとどうしても2時間かかるんです。

またワットポーのマッサージスクールHPには、
この道20年のベテランマッサージ師は、隅から隅まで完全にやるには最低2時間、丁寧にやれば3時間は必要だと言います。
と書かれています。

マッサージ屋さんによっては、重点的にやりたい箇所を紙にチェックして渡すことができますが、書いたものの結局いつもと変わらない。。という経験がある方も多いのでは?


インドのアーユルヴェーダ医学の考えに強く影響を受けているタイマッサージは、身体の一部が不調でも、それは全身の流れ=エネルギーラインが滞っているからだと考えます。

そのため「セン」と呼ばれるエネルギーラインに沿って施術し、まるごと改善していきます。身体はすべてつながっているから!


早く押してしまうと痛かったり気持ちよくなかったりするので、1時間の場合は工程を一部カットします。そもそもの工程を削っているのに重点的にやっていては時間が足りません。

つまり90分以上やってはじめて1箇所に時間を多く費やせることになります。

例えば、手のひらのマッサージ1つにしても、1時間だと本当にサラッと!終わってしまうのが、2時間だと数種類の技法を使って丁寧に揉みほぐすことができます。これだけで癒し度合いが全っく違うし、手のほぐれもかなりいい。手のひらマッサージ好きの私にとっては大きな違い!



というわけで、行くと決めた日は思い切って2時間コースを選んでみてください。1時間コースには戻れなくなるかも(^^)

タイマッサージはフットマッサージよりも施術者の技術に差が出やすいです。相性のいい人に出会えたら名前を聞いて、次回から指名してくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク