タイでは国内線でも液体は100mlまで!LCCは要注意。チェンマイ空港内の郵便局はここ


空港話をもう一つ。今回はチェンマイ空港での話です。

前記事でも書きましたが、今回はエアアジアで、預け荷物なしにしました。

機内に持ち込める荷物はサラリーマンが出張時によく使用している小さいスーツケースと、ハンドバッグの計2つ、合わせて7kgまでです。具体的な数字はこちら。

【エアアジア > 手荷物情報 > 機内持ち込み手荷物】

今回は遊びに来ていた母と息子と私の3人でチェンマイ2泊3日の旅。日中のオムツが外れた息子のおかげで荷物がかなり減ったので、母とスーツケース一つずつでピッタリでした。

チェンマイでは少しだけ買い物しました。ポシェット、ハンカチ、シャンプー&リンス、コーヒー豆など。

帰りは行きの出来事にかなりビビっていたので、国内線だけど約3時間前に空港に到着(笑)

▶  行きの出来事はこちら。
【ドンムアン空港でエアアジア(LCC)に乗り遅れないように事前にやっておきたいこと、知っておきたいこと】

16時前の便で昼過ぎには到着していたので、お昼ごはんを食べたり、喫茶店でお茶したりとのんびり。さてここからです。

保安検査場での出来事

保安検査場へ行き、スーツケースを通します。

すると止められてカバンを開けるように言われる。別に変なもの持ってないけどなぁと思いつつ開けると、

「これは持ち込めません」

と宿で購入したシャンプー&リンス、母が買ったハンドソープが取り出される。

えー!?国内線なのになんで???

ここに置いていくか、チェックインカウンターに戻ってスーツケースに入れ直すように(別途900バーツ)言われました。

えー!預け荷物はない(泣)あったとしても別途900バーツ取られるのは嫌だ!全部で500バーツもしないのに。

少しごねてみたものの、効果はなさそうだったので、考えを巡らせる。。

「郵便局から送ってもいい?」

と聞くと「OK」とのことで一旦外へ出て、教えてもらった場所まで再び猛ダッシュ!

郵送できて2日後には無事手元に戻ってきました。

タイでは国内線でも機内に持ち込める液体は100mlまで!

今回購入したシャンプー&リンスは各250ml、ハンドソープは150mlでした。

どちらも100mlを超えているけど、今まで国内線の液体物で止められたことがなかったので、「なんでー?」という気持ちが消えず、家に帰って調べてみると。。

2007年からタイ発全便の機内への液体持ち込み制限が始まっていて、この中には国内線も含まれているとのこと。

在タイ日本大使館のHPにもさらっと明記されていました。
【在タイ日本国大使館ウェブサイト> タイ滞在豆知識 > スワナプーム国際空港出国時の注意事項 > 機内への液体持込み制限】

今まではLCCで旅行をする場合でも、追加オプションで預け荷物を頼み、家族で大きなスーツケース一つで移動していたため気付きませんでした、、。

また私と息子が一時帰国中にLCCでフラッと旅行へ行っている夫も初めて知ったと言っていました。男の人はお土産も買わないし、持っていたとしても歯磨き粉くらいだしな。

それでもペットボトルとか今まで普通に大丈夫だったけどなぁ。まぁ今までがたまたま通れていただけですね。

いい勉強になった。

チェンマイ空港内にある郵便局の場所

【Chiang Man Airport Terminal Map】

ちょっと見にくいけど、上の図が空港の公式マップ。

出発ロビーは2階で、郵便局があるのは1階の国内線と国際線の間、6番出口付近。赤マルの場所あたり。小さな空港なので走ればすぐです。

この出口の右手に郵便局があります。6番の字がちっちゃい。。


購入物が全部で500バーツ(≒1,500円)ほどだったので、500バーツを超えるようなら諦めようと、いくらか聞いたところ「100バーツくらい」とのこと。

実際払った金額は90バーツ。安!しかも小さな段ボール箱に入れてもらってEMSでこの金額。2日後には家に届きました。

液体物なので重いのに。

というわけで、捨てずにすみました。大した金額じゃないけど、買ったものを使わずに捨ててしまうって切ないのでよかった。

自分の無知が原因でドタバタしたわけですが、購入した宿にも注意書きがあるといいなぁ。

やっぱ空港へは余裕を持っていくに限る!

スポンサーリンク
スポンサーリンク


0 件のコメント :